トップページ > 当ルームの紹介

当ルームの紹介

臨床心理士とは

文部科学省によるスクールカウンセラー事業や震災支援などで、臨床心理士という名称はかなり世間に認知されてきているように思います。しかし、実は、日本には心理職の国家資格は存在しません(2015年現在)。そのため、心理関連の民間資格が多数存在しており、極端に言うと、誰であれ「心理カウンセラー」を自称することは可能なのです。

そこで、せっかくカウンセリングを受けてみようと思われた方には、慎重にカウンセラーを選ばれることをお勧めいたします。臨床心理士は大学院で臨床心理学を修了した上で、筆記試験、論述試験、面接試験からなる資格認定試験に合格しており、また5年ごとの資格更新制度もありますので、信頼性は高いといえるのではないでしょうか。

カウンセラーの紹介

カウンセラーの紹介

【代表: 小東 功英】(火・水・金・土)

経歴:東北大学文学部にて倫理学を学ぶが、より具体的な現実生活に即した人間の心に関わりたいと考え、大阪市立大学生活科学部心理臨床コースに入学し卒業、京都教育大学大学院教育臨床心理学コース修了後、臨床心理士の資格を取得、以降、精神科・心療内科の病院・クリニックに勤務し、個人カウンセリング、心理テスト、集団療法、リハビリテーションの経験を積む。2019年4月に公認心理師の免許を取得し、臨床心理士とのダブルライセンスを保有。

所属学会:日本心理臨床学会。

メッセージ:10数年に渡り、たくさんの方のカウンセリングを担当してまいりました。心の問題は多様な要因から成り立っていることが多く、カウンセリングが万能というわけではありませんが、悩み苦しんでおられる状態を少しでも改善することにカウンセリングがお役に立てていると実感しています。最初はすごい真っ暗闇にいらっしゃるように感じたご相談でも、カウンセリングを続ける中で仄かな光が見えてくることも少なくありません。
お話をじっくり聞かせていただき、きちんと問題を整理した上で、一緒に問題に取り組んでいくことを心がけております。

豊福 佳子(月、木、土)

松本 千穂(水)

太田 有二(火、金、土)

北山 悦子(月、金)

百合 優子(木)